【年末年始のダイエット攻略法】思考が変われば体は変わる

【年末年始のダイエット攻略法】思考が変われば体は変わる
スポンサーリンク

「少しずつ涼しくなってきましたね」

・・・と言うと、全く共感を得られず、日々困惑しているどうも僕です(笑)
(今季まだ長袖を着ていない・・・)

 

11月に入り、少しずつ年末感が出てきました。

街ではクリスマスグッズの販売や、お正月のおせち料理のオファーなども目にします。

 

「もうそんな季節か・・・」

なんて感じるのは、日々暑いと感じている僕だけではないはず。
(本気で今年暑くない??^^;)

 

今回のブログでは簡単ではありますが、イベント目白押しの年末年始をどうやって乗り越えればいいのか?

  • 僕なりの考え方(実際にやっていること)
  • 実はダイエットに効果的?!な発想

についてご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年末年始は太るイベントがいっぱい♡

パーティー

 

さて、食欲の秋が終わったこの季節といえば

  • 忘年会
  • 誕生日(僕は)
  • クリスマス
  • カウントダウン
  • お正月
  • 新年会
  • 歓送迎会
  • お花見

などなどイベントが目白押し。

 

痩せる暇ないやん!!!って感じですね(笑)

 

ですから、誰もが心身ともに緩んでいくのではないでしょうか。

安心してください。僕もです♪

 

この時期に「痩せよう!」というのは

  • そうとう気合いが入っている人や
  • なにか特別なイベント(結婚式など)がある人じゃないと

正直難しいと思います^^;

 

とはいえ、ただ楽しむだけでは当然太ってしまいます。

 

それはなんとも避けたい!

許容範囲内で多少体重が増えるのは良いとしても、想定外に太るのはご勘弁!!

 

とは言え、みんなが楽しんでいるときに自分だけ我慢することはしたくないし、そもそも意志の弱い自分はできない。

どうしたらいいのーーーー💦

 

・・・という気持ち、よくわかります。

(僕もですw)

 

ですから、僕はある時から考え方が変わりました。

この下に書いてある考え方にシフトしてからは

 

  • 年末年始を十分に楽しめる
  • しかもどんどんいい体になれる

という嘘みたいな本当の話が現実のものとなっています。

 

年末年始のイベントの乗り越え方

乾杯

 

では、ダイエット的に年末年始をどうやって過ごせばいいの・・・?と思いますよね。

そこで一つ僕の考えを共有します。

 

それは

痩せる→無駄に太らないと、【ハードルを下げる】です。

 

  1. 多くの場合、ダイエットの目的は「痩せること」
  2. 痩せる目的は理想の体になって「人生をより楽しくするため」
  3. 人生を楽しむためには「イベントは楽しまなきゃ!」

と僕は思うのです。

 

ですから、楽しいイベントが乱立する年末年始は

  • 楽しむときはしっかり楽しみつつ
  • 抑えるときは抑えてメリハリをしっかりつける

ということを意識するくらいでいいと思います。

 

痩せよう!と思ってもなかなか上手くいかないわけで、、、。

そんな中、毎朝体重とにらめっこしてストレスを溜めるのは、精神衛生上もよくありません。

 

年末年始は、実は痩せやすくなる?!

 

なんなら、このように食べ飲みをするということを逆手に取ることもできます。

 

エネルギーが体に多く入ってくるわけですから、その分運動をすることで

  • 痩せることはできなくても
  • 太りにくく痩せやすい体を作る

ことはできます。

 

筋トレをして脂肪燃焼工場(筋肉)を蓄えるということです。

これができれば、年始から効率よく脂肪燃焼をスタートでき、夏前には健康的で理想的な体を作ることができます♪

(僕は年末年始に限らず、常にこんな感じかも^^;)

 

どちらにしても運動は欠かせないということですね!

ということで、僕の SNS 投稿もこのように背中の画像だったり、前面を出すにしても距離感のある画像に徐々になっていくと思います(笑)

 

年末年始を楽しまないでいつ楽しむの?!

 

個人的には【1年で一番楽しい季節】です♪

体重を気にしてこの季節を捨てるのではなくダイエットのハードルを下げて、楽しみながら来年に向けてゆるふわ頑張っていきましょう^^

 

食べすぎたときのダイエット攻略法

 

「とは言え、暴飲暴食続きだと流石に罪悪感が・・・」

となりますよね。

 

結論から言うと、食べすぎたあとに何かをやって、瞬時にプラマイゼロにすることは難しいと思います。

・・・が、無駄に太らないための対処法はあります。

 

気になる人はコチラを見てみてください♪

タイトルとURLをコピーしました