年末年始で激太り!!そんなときにするべき6つのこと

年末年始で激太り!!そんなときにするべき6つのこと
スポンサーリンク

今日から仕事始めという人も多いのではないでしょうか?

 

僕たち Bodyke も1/4の今日から通常営業でスタートしています。

ということで、ダイエット・ボディメイクも通常運転で進めていきましょう!

 

さて、正月明けあるあるで「体重増加」の悲鳴がありますが、あなたはどうでしたか??

 

僕は年々太りにくくなっていて、昔は10kg近く増量・・・・

なんてこともあったのですが、蓋を開けてみたら0.8kg増でした(12月の頭との比較)

 

これはまぁ体質の問題もあれば、思考の問題↓

もあったり、あとは家族が出来たことによる行動の変化(深夜のイベントに行かない)など、色々要因がありそうです。

 

とは言え、増えたものは増えたわけで、ここを戻していかないといけませんね^^

 

ではどうしましょう?実際に僕がすることは?

・・・について書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実は太っていない

喜ぶ男性

 

はい。これ結論です。

まず「太る」という前提条件について書かなければいけません。

 

僕が指す「太る」とは、体重の増加・・・ではなく、体脂肪の増加を指します。

 

今回の僕の結果で言うと、0.8kgの増量があったわけですが、この全てが体脂肪かというと、実はほとんどが水分なんです。

(1kg増でも5kg増でも同じ考えで問題なし)

 

ですから、体重は増加しているけど、太っていないという結論に至ります。

そう。ただ浮腫んでいるだけなんです。

体重増加の原理

太っている男性

 

うちはお正月には必ずおせちを食べるのですが、おせちやその他お正月に並ぶ料理となると

  • 糖質が多い
  • 塩分が多い

となりますね。

 

糖質は1g あたり3gほどの水分を一緒に溜め込む性質がありますので、糖質過多な食事をすると、糖質量以上に体に水分を貯め込むため、体重が増加します。

 

また、塩分が多い(味の濃い)食事を摂ると浮腫む(むくむ)というのはご存知かと思います。

体は体内の塩分濃度を一定に保とうとするため、塩分を過剰に摂取すると薄めてバランスを取ろうとするため、水分を体内に溜め込む。

これが正月太りのダブルパンチです。

体脂肪1kg増やすのはこんなに大変

メジャーでウエストのサイズを測る無差別級男子

 

体脂肪1kgあたりのカロリーを知っていますか?

体脂肪1kgあたり7,200kcal

 

僕たちの体は摂取カロリーと消費カロリーのバランスで、太ったり痩せたりと変化していきます。

 

摂取カロリーが消費カロリーよりも多い場合は余ったエネルギーを体に蓄えるため、体脂肪として合成されます。

反対に、摂取カロリーよりも消費カロリーが多い場合は不足しているエネルギーを体を削って作り出すため、脂肪の分解・燃焼が行われます。

 

いくら寝正月とは言え、毎日1,500〜2,500kcal(個人差あり)もある消費カロリーを7,200kcal以上オーバーして、体脂肪を何kg も増やすというのは無理があります。

 

ミニマムなg単位でみたら脂肪合成も行われているかと思いますが、所詮その程度。大半が先述の浮腫によるものなんですね。

 

物理的に理解するとわかると思いますが、実は痩せるだけではなく、太ることって大変なんですね。どちらも日々の小さな積み重ねです。

正月太り対策として実際にやること

ここまで呼んでいただければわかるかと思いますが、基本的にやることはそんなにありません↓

冒頭に書いたように、通常運転で OK です。

 

そうそう。この通常運転がどのレベルなのか?がキーポイントです。

正月で何kg 太ったとか何を食べたとかは全く重要ではありません。

 

通常運転(普段の食生活・運動習慣)が

  • 摂取カロリー>消費カロリーなら痩せ習慣
  • 摂取カロリー<消費カロリーなら太る習慣

です。(もちろん PFC バランスも大事)

 

僕の場合はおそらく「摂取カロリー>消費カロリー」の生活を7割くらい実施できているので、普通の生活に戻すだけで体重・体型も自然と元のカタチに戻っていきます。

 

あなたの通常運転はどのレベルですか??

それでも早く体重を戻したいなら・・・

とは言え、「年始1発目の会社や学校に太った自分で行きたくない!」という気持ち、よくわかります(笑)

そんなあなたは、コチラを意識してみてください↓

 

あとは繰り返しますが、通常運転で OK です!

 

  • フルーツ&野菜(カリウム)
  • 薄味(減塩)
  • 水分補給(循環)
  • 運動量UP(蓄えたエネルギー使用)
  • 高タンパク中炭水化物低脂質(PFC管理)
  • ビタミンミネラル(代謝UP)

これを実践できれば、すぐに年末前の体に戻れると思いますよ^^

正月太りダイエットで注意しなければいけないこと!

必死の形相で20回x10セットをこなすダイエッター

 

これは正月太りに限らずですが・・・

摂取カロリーを下げすぎないということは絶対に守ってください。

 

必要なエネルギーすら確保できないと、体は防衛本能として体脂肪ではなく筋肉を落としてしまいます。

 

筋肉が落ちれば代謝が下がり、少ない摂取カロリーでも生きていけますからね。

ということは、ちょっと食べただけで太り、更に痩せようと思っても痩せられない体になってしまうということ。よくある間違ったダイエットの典型です。

 

暴飲暴食をし過ぎた翌日だけちょっと調整(というか食べられず)くらいなら良いと思いますが、それでも最低限基礎代謝以上のカロリーを摂取をしてください。

  • 基礎代謝=生きたいくために必要なエネルギー 
  • 基礎代謝以下の摂取カロリーにはしない

 

まとめ

 

ということで、まとめます。

 

  • 正月太りで増えた体重の殆どは体脂肪ではなく水分
  • 正月明けは通常運転に戻すだけで OK
  • 人により、通常運転のレベルの見直しが必要?
  • 絶対に超低カロリーにはしない

ということを意識しましょう!

 

何度も言いますが “正月太り=体脂肪増加ではない” ので、焦らずにいつも通り普通に健康的な生活していってくださいね^^

 

動画でも解説していますので良かったらご覧ください⬇

 

普段の生活(通常運転)を見直して健康的に長期的なダイエットをしたいという方はコチラ⬇

【解説】「リバウンドするダイエット」と「リバウンドしないダイエット」の違い
9割りの人が間違ったダイエットをしている?!一時的に痩せてもリバウンドしてしまったら努力も時間も水の泡・・・。120kgもあった自身の経験からもわかる、ダイエットを長期的に成功させるコツを説明します!
タイトルとURLをコピーしました