「夢中」になるための3つの条件

「夢中」になるための3つの条件
スポンサーリンク

オンラインサロンの方や近い人(友人やトレーナー)には話していますが、僕はある時を境に生活が一変しました。

 

・・・というと大袈裟かもしれませんが、僕にとってはそのくらい “いい意味で” 180°変わったんです。

 

実はずっと長いトンネルの中にいるような状態だったのですが、もしかしたら今がここ数年で一番ワクワクして生きているかもしれません。

 

このブログでは備忘録も兼ねて、「何がキッカケで、どうして変わったのか?」について書いてみました。

 

「何か」を探している方のお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

ずっと探していた「夢中」

 

正直に書くと、実はずっとワクワクを探していました。

 

「なんか刺激が足りない」

「夢中になれることを見つけたい」

「あの頃のように無我夢中で突っ走りたい」

 

実際にこのようなキーワードで Google 検索をしたこともあります。

 

しかし、それでも答えは見つかりません。

 

でも、僕には間違いなくあったんです。

 

周りが見えなくなって、一点しか見えなくなってた時期が。

ガムシャラに何かに夢中になって、毎日が一瞬で過ぎ去っていた日々が。

 

例えば

 

これらは間違いなく「夢中」でした。

 

・・・もしかしたら、これだけあれば十分と感じる方もいるかもしれません。

贅沢な悩みと捉えることもできなくはないです。

 

しかし、満足することができない自分がいました。

むしろ「不満でいっぱい」の方が近かったかもしれません。

自分に嘘をつくことはできません。。。

 

こう書くと大袈裟かもしれませんが、ここ数年、「何か」を探してもがき苦しんでいました。

 

ただただ散歩を繰り返したこともあります。

公園でぼーっとしたこともあります。

美術館を回りまくったこともあります。

本屋に行って片っ端から読み漁ったこともあります。

 

それでも、僕が求める「何か」は見つかりませんでした。

 

・・・しかし、ある日突然、意外なキッカケで見つかったんです。

 

ひょんな一言で生活が180°変わった

 

今から約2ヶ月ほど前なんですが、 Bodyke のお客様に言われた一言で、バチッとスイッチが入りました。

 

詳しくは割愛しますが、背景を簡単に説明すると

 

1)僕は早起きができなくてずーっと悩んでいた

2)毎晩会食があって夜遅いのに、毎日早起きしているお客様がいた

3)その方に「なんで早起きできるんですか?」って聞いた

4)「仕事の幅や人生観が変わる。だから何があっても毎朝5:00に起きている」との回答

 

それを聞いて、「なるほど〜。じゃあ僕も早起きしてみよっかな〜」と軽ーい気持ちで言いました。

そしたらその方が「言いましたね!?じゃあ次回会った時に聞きますよ!w」って言ったんです。

 

その瞬間、僕の中で完全にスイッチが入りました。

 

セッションが終わった瞬間目覚ましをセットし

「明日から必ず起きます!!」

と、目覚ましのスクショをその方に送りました。

 

・・・それから約2ヶ月。

平日限定というルールですが、1日も欠かさず毎日5:30に起きています。

 

8月に行った二泊三日の家族での旅行中も、僕だけ毎朝5:30に起きてました(笑)

 

自分でも不思議なんですが、それまで本当に朝が弱くて、全く起きれない人間だったんです。

(サロンには「僕の課題」として書いていたので、メンバーさんはご存知ですよね)

 

しかし、今は朝起きるのが楽しみなんですよね。

それどころか、「金曜日夜が寂しい。日曜夜が楽しみ。」という状態になっています。

 

 

このブログを書いている今日も、もちろん5:30起床。

朝からしっかり活動しています。

 

・・・ちなみに朝早く起きて何をしているのか?というと、「世界経済の勉強」です。

 

これが楽しくて楽しくて、、、

「勉強」と書いていますが自分ではそんな感覚は全くなく、パズルゲームをやっている感覚です。

 

この早起き生活がいつまで続くかわかりませんが、ひとまず現状ストレスは全くありません。

むしろ楽しさすら感じていますので、もしかしたら半永久的に続けるかも。。。

 

あんなに「夢中」を探していたのに見つけられなかったのに、「夢中状態」になっている。

あんなに早起きができなかったのに、ワクワクしながら目覚めている。

 

そんな自分に「人生の転機」を感じざるを得ません。

そして、それと同時に「なぜ夢中になってるのか?」と気になり、自己分析をしてみました。

 

すると、夢中状態になるために欠かせない、3つの必須条件を満たしていることに気がつきました。

 

夢中になれる3つの条件

 

先に書きましたが、僕は「夢中」を探していて色んな本を読んだりネットで調べたりしていました。

そしてその中で見つけた「夢中になるための3つの条件」が、ずっと残っていたんです。

 

それを見た時「確かに今までを振り返えると当てはまるな」と感じました。

 

その3つの条件とは下記です。

 

<夢中になるための3つの条件>

  1. 真剣に取り組む
  2. 身銭を切る
  3. メンターの存在

 

真剣に取り組む

夢中になるためには、真剣さが必要です。

逆に言えば、中途半端に取り組むのでは、酸いも甘いも知ることができません。

 

真剣に取り組むから壁にぶつかり、真剣に取り組むから壁を乗り越え、真剣に取り組むから真の喜びを感じられるのです。

 

身銭を切る

どんなに真剣に取り組んだからと言って、リスクゼロでは本気度が全然変わってきます。

 

無料でダイエットのアドバイスを受ける人と、パーソナルジムに通う人や結婚式に向けてダイエットをしている人だと、同じ女性でも結果が全然違います。

 

「身銭」というと現金のように読めますが、必ずしもお金じゃなくても良いです。

時間や労力など、自分のリソースを充てる(犠牲にする)ことが大事なんです。

 

メンターの存在

そのような状態が揃っても、人はなかなか変わることができません。

基本的に人は、自分に甘いんですよね。

 

だから「メンター」の存在が必要なんです。

 

思い返すと、筋トレ始めた頃にはボディメイクの師匠、 Bodyke を始めた時にはビジネスの師匠がいました。

そして当然、どちらも自分のリソースをフルコミットで充てていました。

 

だからいずれも、何かしらの結果を得ることはできていますし、今考えても「人生が変わったターニングポイント」になりました。

 

この3つの条件が揃うと、不確実性の高い未来に対しても、例え余裕がない現状にも不安や不満を感じることなく、ワクワクで埋め尽くされた状態でフルコミットできるんですよね。

 

「夢中」を見つけて人生を変える3つの行動

 

今回の経験から、新たに学んだことがあります。

それは、「自分が何に対してワクワクするのか?」を、解像度高く理解しておくことです。

 

これが見えていれば、迷路に迷い込んで「何か」を探すのではなく、地図を持った状態で「何か」を探すことができます。

つまり、「何か」に出会えるスピードが格段に増すということです。

 

もしこれを見てくださっているあなたが「何か」を探しているようなら、僕からお伝えできることとしては3つです。

 

1.ワクワクしていた過去を思い出す

 

何がキッカケで、どんなことにワクワクしていたのか?

「ながら」ではなく紙とペンだけで真剣に自分に向き合ってみると良いと思います。

 

・・・余談ですが、この本死ぬほどオススメです。

 

 

僕はこれに何度も救われてきました。

この本を読んで「なるほど」で終わらせるのではなく、実際に行動に移すのです。

そうすれば、必ず「次へのヒント」が見つかります。それも毎朝。

 

2.とにかく行動する

 

行動することで、物や人や出来事などとの「出会い」が増えます。

出会いが増えるということは、自分の中にはない様々な情報が入ってくるということです。

 

自分の中を探しても見つからない時は、外からの刺激を入れることが必要です。

もちろん、簡単に見つかるわけではありません。

しかし、動かなければ新しい情報や刺激に出会うこともありません。

 

今回で言うと、僕はジムのお客様からのひょんな一言に出会ったことで、毎日が180°変わりました。

現時点では「毎日が変わった」という状態ですが、もしかしたら長期的には「人生が変わった」ということに発展しているかもしれません。

 

そのキッカケは、ひょんな一言なんです。

人生どこにどんな出会いが転がっているかわかりません。

 

めんどくさがらずに、新しい店に入ったり、新しい場所に行ったり、新しい人と話したり、新しいことを始めてみたりしてみてください。

 

10やっても見つからないかもしれません。

しかし、11で見つかるかもしれません。

 

・・・実際、「11で見つかったらマシ」なくらいだと思います。

しかしそれでも、動かなければ0のままです。

 

現状に不満を抱えているのなら、動き出さなければ人生を変えることはできません。

むしろ動かないことで不満が積み重なってしまい、どんどん辛くなっていきます。

 

騙されたと思って行動する。

結果に繋がらなくても行動を続ける。

 

その先に、「何か」が見つかるんです。

行動の数だけパズルが埋まっていき、やがて最後のピースに近づいていきます。

 

3.メンターを見つける

 

行動する中の視点として、目標とする人物や憧れの人物、先輩となる人物を探してみてください。

 

リアルでの接点はもちろん、今だったらオンラインでの接点でもありです。

 

体重120kg以上あった僕が痩せられたとき、筋トレに目覚めてボディメイクを始めた時、やはりメンターがいました。

 

このようにダイエットやボディメイクだったら、ジムに入ったり、オンライン・サロンに入ることはとても有効です。

(ポジショントークになってしまいますが、宣伝のつもりではなく本質だと思っています)

 

他にも、習い事を始めてみるでもいいし、成長している友達や同僚とご飯に行ってみるでも良いです。

 

大人になった僕たちには、学生の頃のように「待ってれば出会いがある」ということはありません。

やはり積極的に自分から動いていかなければならないんですよね。

 

あなたはどんな人になりたいのか?

どんな人生を歩んでいきたいのか?

そのような人生を歩んでいる人はいないか?

 

今見ている世界を、このような視点を持って見てみてください。

最初は意識しないと難しいかもしれませんが、続けていれば少しばずつ見え方が変わってきて、何気ない日常の中にも発見があったりします。

 

・・・ということで、普段書いているダイエットとは関係のないブログになってしまいましたが、この辺で終わりにしたいと思います。

 

少しでも誰かのキッカケになることができたら嬉しいです^^

⬇「たいぞーブログ」の更新を受け取る。

スポンサーリンク
マインド
▼この記事を今すぐ SNS でシェアする▼
たいぞうをフォローする
たいぞうブログ