食事制限とウォーキングもしていますが、効果がない

スポンサーリンク

「食事も控えウォーキングもしていますが、効果なし。

もっと食事量を減らしたほうが良いのでしょうか?」

 

というご質問を頂きました。

細かな状況がわからないのですが、回答していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結論

「食事量が多すぎる場合を除き、NG」です。

 

びっくりする男性

 

食べすぎている場合はもちろん減らしましょう。

食事制限をしていても、誰が見ても多い場合も調整が必要かもしれません。

 

が、おそらくこの疑問が出てくるということは、

食事量を気にしているけどその中身

栄養の部分が見えていないのかな?とも感じました。

 

その場合、食事量を減らしすぎて痩せなくなってしまう可能性があります。

 

  1. 食事制限
  2. 痩せない
  3. ウォーキング
  4. 痩せない
  5. 更に食事制限
  6. 痩せない

 

これは負のループです。

考えられるデメリットを説明していきます。

 

代謝が下がる(狂う)

食事量が少ないということは、

入ってくる栄養が少ないということになります。

 

これにより筋肉を削ってしまう可能性

栄養の偏りによる代謝が崩れてしまう可能性が出てきます。

 

さらに続ければ続けるほど体は壊れていき、

時間と労力をかけなければ修復できない状態になってしまうのです。

 

壊れたキーボード

ダイエットは健康になるために行うものですから、

健康を害すのなら、それは正しいダイエットではありません。

 

間違ったダイエットにより太りやすく痩にくい体になってしまう人はとても多いので、

無闇矢鱈に食事量を減らすのはすぐに止めてください。

痩せやすい体は作られない

「痩せること」と「痩せやすい体を作ること」は真逆なんです。

二つに割れたハートのチョコレート

痩せること:

→食事制限(とにかく減らす/偏った食事)+運動(低強度運動/有酸素運動)

→体重減(体脂肪↓筋肉量↓↓)

→代謝が下がる(太りやすく痩にくい)

→メリハリがなく、疲れやすい

 

痩せやすい体作り:

→食事改善(必要量をしっかり食べる)+運動(高強度運動/筋トレ)

→体重減or体重維持(脂肪↓筋肉量↑↑)

→代謝が上がる(太りにくく痩せやすい)

→メリハリがあり、疲れにくい

 

こう書くと、ちょっとの差が大きな差につながってしまうことがわかりますね。

食事制限+運動=代謝を下げるためのダイエット、リバウンドするためのダイエット

と言っても過言ではありません。

 

太ったら痩せられない

上の項の延長ですね。

頑張って頑張って頑張ってやっと目標の体重に!

そして気が緩み、食事が徐々に戻り運動量も減る。

待っているのは・・・そう、リバウンドです。

 

でも大丈夫!一度痩せた成功体験があるので「頑張れば痩せられる」とまた負のループに突入。

・・・・で、気がつけばリバウンド。

 

そこに待っているのはダイエットスタート前よりも体型は崩れ、代謝が下がりきった体。

 

太った男性とおにぎり

 

なにが起こるかと言うと・・・頑張っても痩せられない。

他の人よりも食べていないのに痩せない。

ちょっと食べたらすぐに太る。

疲れやすく、体が重く、関節などが痛みだす・・・。

 

こうなってからのダイエットは、、、できなくないですが、

御本人が相当強い意志を持って頑張って取り組まないといけません。

なぜなら、普通の人よりも体力がなく、体が重く、

節々が痛い状態での運動になるわけですから。。。

まとめ

ですので、食事制限+運動は

  • 本当に食べすぎている
  • 筋肉量が普通の人以上にある(勘違いではなく本当にある)
  • 栄養の知識がある程度あり、正しく減らしていける

場合を除き、絶対にやってはいけないダイエットと言えます。

 

多くの方が該当すると思うので、もし「やばい」と思ったらすぐに止めてください。

具体的にどうすればいい?

一時的に痩せるのではなく、カッコよくキレイに痩せて、

リバウンド知らずの太りにくい体を作りたいのなら、やることは食事改善+筋トレです。

 

食事改善:
  1. 今の体を作っている原因を知る
    • まず今食べている平均的な1日の食事のカロリー&栄養バランスを計算してみましょう
  2. 量よりも質の改善
    • 食べる量を減らすのではなく、食べているものの質を良くしていきましょう。
      • タンパク質をしっかり摂る(体重✕1.5~2gほど)
      • 良質な脂質を控えめに摂取(青魚、ナッツ類、アボカドなど)
      • 砂糖・果糖を避け、低 GI な炭水化物を摂る(玄米、さつまいも、蕎麦、オートミールなど)
      • ビタミン・ミネラルを摂取(サプリ推奨)
  3. ある程度食事のリズムを揃える
    • 体の反応を見て食事内容の調整
      • タンパク質を摂りすぎていないか
      • 脂質を摂りすぎていないか
      • 炭水化物を摂りすぎていないか
      • ビタミン・ミネラルは足りているか
  4. ある程度続けてみて少しずつ量の調整

 

筋トレ:
  1. 理想の体をリサーチ
    • 今の自分と理想の体の差を埋めるトレーニングプログラム
  2. 可能であればジムに入会
    • パーソナルトレーナー>大手ジム>自宅トレーニングという順に良いので、可能な取り組みをする
      • 初心者→週2回:全身+全身
      • 中級者→週3〜4回:3〜4分割
      • 上級者→書かなくていいですね(笑)
  3. 筋肉をつけてから痩せる
    • 筋肉をつけるのと脂肪を落とすのは同時進行しない(筋トレ初心者は可能)
      • まずは筋肉をある程度つけ、その後脂肪燃焼期間に移行する
      • 「摂取カロリー>消費カロリー=オーバーカロリー(筋肉↑)」
      • 「摂取カロリー<消費カロリー=アンダーカロリー(脂肪↓)」

 

という感じで実践してみてください。

 

もし Bodyke に興味を持ってくださった方はこちら↓で無料カウンセリングをやっています。

\無料体験&カウンセリング実施中/パーソナルトレーニングジムBodyke
糖質制限なし!好きなものを食べながら2ヶ月で痩せる!正しい知識で正しいダイエットをしませんか?無料体験&カウンセリングお気軽に!【30日返金保証】

アクセスや事情により通えないという方は、こちら↓で無料ダイエット情報を GET できます。

Bodykeのメールマガジン | ダイエット、体づくりに役立つ無料のフィットネスメールマガジン
ベストジムアワードW受賞のBodykeが運営する、無料の公式フィットネスメールマガジン。11の特典プレゼントもお見逃しなく!

 

是非「痩せること」ではなく「痩せやすい体を作ること」に取り組んでくださいね。

⬇「たいぞーブログ」の更新を受け取る。

スポンサーリンク
質問回答
▼この記事を今すぐ SNS でシェアする▼
たいぞーをフォローする
青木泰蔵【公式ブログ】
タイトルとURLをコピーしました