#泰蔵ゆるふわダイエット No.020_トレーニングをレベルアップさせる方法は?

#ゆるふわダイエット020
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます!

今回は「トレーニングをレベルアップさせる方法は?」についても回答しています。

 

それではまず、昨日の報告です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日の体重

体重:82.2kg

前日比:+0.6kg

スタート比:−1.6kg

体重020

体020

昨日の食事

8:00 白米300g卵3個(おじや)、納豆1パック

食事020-1 食事020-1

13:00〜13:40 トレーニング_肩+三頭

  • スミスショルダープレス✕3
  • インクラインサイドレイズ✕2
  • トライセラトップスエクステンション✕3
  • ロープダウン✕2

13:50 プロテイン50g

14:00 大きめのパン2(メゾンカイザー)

食事020-2

19:00 国産蒸し鶏と野菜の胡麻豆乳スープ、砂肝の黒胡椒焼き

食事020-3

22:30 ザバスミルク

食事020-4

1:00 タラ2

食事020-5

memo

昨日はダイエット WEB セミナーでした!

 

ダイエットWEBセミナー

ダイエットWEBセミナー

 

全国からたくさんのご参加、ありがとうございました!

 

コメントいただきながらキャッチボールをして

食事の摂り方から効果的な運動などなど

色んな話をさせていただきました。

 

お役に立てていれば幸いです^^

 

そんなこんなで、昨日の後半からは打ち合わせや準備などで結構バタバタ

食事も「ちょっとコンビニ行ってくる」という感じでした。

 

そして帰りに魚を買って、食べて記憶が飛ぶ(笑)

そんな1日でした^^

質問回答

「「体を作るトレーニング」というのは筋トレ初心者のアタシのようなひとにはスクワットやランジ、クランチなど宅トレのものしか思い付きません。それをレベルアップさせながらやっていけば良いという捉え方で良いのでしょうか?

 

というご質問をいただきましたので回答します。

 

昨日のブログに書いた

 

「体を作るトレーニング」と「体型維持するトレーニング」は違う

 

こちらからのご質問ですね。

ありがとうございます!

 

これを書いたのは、過去ガッツリボディメイクにハマって

食事の管理から筋トレをしていた頃と

その優先順位が下がった今とを比較して

日々肌で感じているからです。

 

まず前提として、筋肉は環境に適応し

筋肥大とはストレス応答によるものです。

 

  • 筋肉は環境に適応
    • 今の体は今生きている環境(負荷・刺激)に適応した、必要量の筋肉が備わっています。筋肉量を増やすためには今以上の負荷・刺激を与えなければなりません。逆に言うと、今よりも負荷・刺激が低減すると、筋肉は不要になるので減少していきます。
  • 筋肥大とはストレス応答
    • 物理的刺激化学的刺激を与えていき、その応答反応として筋肉が成長していきます。

詳しくはコチラ >> https://amzn.to/2ThiLmo

 

「体を作るトレーニングは、種目をレベルアップすればいいのでしょうか?」

ということですが、その通りです。

 

レベルアップというと表現が抽象的ですので、

今思いつくその方法を箇条書すると

 

  • 重量を上げる(自重→ウエイトを使用/ウエイトの重量を上げる)
  • 種目の順番を変える
  • 種目の内容を変える
  • トレーニング頻度を上げる
  • トレーニングの分割内容を変える

 

などなど、たくさんあります^^;

 

超簡単に書くと「毎回新しい刺激を入れて、記録更新していきましょう」

ということになりますので、「シンプルに使用重量を上げていく」

ができればいいのではないでしょうか^^

 

体も心も慣れないように、色んな刺激を与えていってくださいね♪

ご質問、ありがとうございます!

 

 

===========

【保存版】プロテイン BEST4&美味しい飲み方3つ

コチラ

【保存版】ダイエット中にオススメの間食は?

コチラ

===========

 

P.S

「#ゆるふわダイエットチャレンジ」であなたも参加してくださいね♪

P.S.2

コメントお待ちしております!

  • 今日の気付き(良かったこと・反省点)
  • 明日への意気込み(目標)
  • ダイエットのお悩みご質問ご相談

など、お気軽にどうぞ^^

P.S.3

ページ下部より記事のシェアしていただけると嬉しいです。

一緒に楽しくゆるふわダイエットをする仲間を増やしましょう!

タイトルとURLをコピーしました