えんとつ町のプペルを観た正直な感想&速読(フォトリーディング)について

えんとつ町のプペルを観た正直な感想&速読(フォトリーディング)について
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「先週の出来事」

忙殺 WEEK が落ち着きました!!!

いや〜きつかった・・・睡眠時間もガンガン減るし、それによって日中のパフォーマンスがゲキ落ちくんだし、しかしそれでもやることどん詰まりだし、、、正直「記憶がない」というのが今の心境で、なんの余裕もなかった感じでした^^;

 

例えばこのブログのように「自分で詰め込んだタスク」もあるのでそれをやめればいいって話なんですが、学生時代に諦めたら試合終了って安西先生に習ったので、なんとか頑張りました😭

そんな日々が続いていて、ただ消耗していたのかというとそんなことはなく、「隙間時間の使い方」や「無駄な行動を極限まで省くこと」など、PDCA が半強制的に回せたのはよかったことでした。

 

・・・そんな中ちょいちょい顔を出していた clubhouse。

テスト的に帯を持ってみようかなーと考えているので、一緒にダイエット雑談したい方はぜひお気軽に絡んでくださいね^^

 

「速読マスター」から聞いた習得方法

※先週の SNS から「ピックアップ」してお届けします

 

 

「速読」という言葉は当然知ってたけど、これまで眉唾物のように捉えていて流していました。

先週例によってまた clubhouse 沼にハマりダイエット雑談をしていたのですが、初めましての方がお話しされたとき、ものすごい知識量に驚かされる一幕がありました。

聞くと、昔からずーっとダイエット関連の研究をしてきた訳ではなく、ダイエットに目覚めてから短期間で得た知識とのことで、room(clubhouse のトーク部屋)の注目の的になってました。

 

申し訳ないのですが、僕はダイエットの知識よりそっちの方に興味津々(笑)「どうやって勉強したんですか?」と聞くと「速読」という回答でした。

 

速読って「ただ早く読める」「読み飛ばして頭に入らない」という先入観を持っていたのですが、話を聞くと全くそんなことはなく、むしろ効率よく学習できるとのことです。今回お話しされていたダイエットの知識も、深く細かいところまで理解されていて、それも速読のスキルがあったからということ。

 

で、そのroomにいた僕のお友達の田中さんも「速読いいですよね!今まで生きてきた中で学んでよかったTOP3に入ります」と仰っていて、その言葉を聞いた瞬間、潜在顧客だった僕が顕在顧客へと昇格しました(笑)

そして clubhouse が終わってすぐ「速読ってちょっと本読むくらいで習得できる物ではないですよね?」と聞くと、「俺はほぼ本で習得した」とのこと!!!

 

それは買うしかない!とのことで、教えてもらって即買いしたのがこちらです。

 

フォトリーディング

 

 

もし、、、、もしですよ、、、これで速読というスキルが身に付いたら、、、

せめて今の2倍の速さで本が読めてインプットできたら、、、生産性が2倍どころか多角的にレバレッジがかかり、何倍もの広い世界でさらに奥深さを持ち合わせた人間になれるなと・・・単純にそう思ってしまいました。

・・・これを読んでくださってる方の中で「速読」をマスターしている方っていらっしゃいますか??もしいたらコメントなどで感想やコツなど教えていただけると嬉しいです。

 

 

えんとつ町のプペル

※映画や本からの学びをアウトプットします

 

えんとつ町のプペル

 

 

書こうか迷ったけど書きます。(※ネタバレはしません)

感想としてはこの画像の通り。

 

いやー、正直微妙でした。。バスタオル映画(涙腺崩壊でハンカチでは足りないという意味)なんて言われてたりもしたので、どれだけ感動超大作なんだろうと思っていたのですが、きっと事前 PR によってハードルが高くなってしまったのも一つの要因かなと。(このあたり西野さんどう思ってるんだろう….)

 

甲乙含め、感想や印象を箇条書きすると

  • 音楽がカッコいい(でも、それ以上でもそれ以下でもないかな)
  • 映像は奥行きや立体感など細部にまで拘って作られており、インパクトがあって引き込まれた
  • 肝心のストーリーが薄いと感じてしまった。「感動の押し売り」のようで、24時間テレビを見ている感覚に近い(いつも見ないけど)
  • 描写や話の展開に荒さを感じた。正直ついていけず、「なんでこうなるの?」「前提がわからん…」という瞬間が多々
  • 見る前から見えていたゴールのままの内容だった(今まで絵本などは一切見たことはありません)
  • 数年西野さんを追っていたファンや近しい人が見ると、諸々浮かび上がる情景とリンクして感動するのかな?という印象

 

ホリエモンこと堀江さんやロンブーの淳さんが「4回泣いた」って言ってるけど、「嘘でしょ?」「ほんとに?!」「仲間を応援するステマ的な感じじゃなくて…?」って思ってしまった性格の悪い僕。。(余談ですが、僕は堀江さんが大好きで超絶リスペクトしてます)

 

なんかこれは勝手な推測で仮説ですが、西野さんは「分業制」で絵本を作ったりされていて、とても革新的なビジネスモデルを構築していますが、もしかしたら今回それが裏目に出たのかな??って感じました。

 

その理由は、分業制としてそれぞれのプロフェショナルがそれぞれの役割で役務提供するのはいいことなのですが、とはいえ「制作総指揮が西野さん」ということで、生かしきれず西野さんの頭の中を主軸として作られたのかなと感じたからです。

西野さんというカリスマによるトップダウン製作された映画であり、西野さんが決めたこと、それを落とし込んだ台本の中で ”既に決まっていること” を各界のプロに依頼して作ったのかなーみたいな。

 

なんか上手く言語化できませんが、映画って「考えされられる」とか「エネルギーを使う」みたいなことがあると思っていて、良い映画ほどいやでも記憶に定着し、人格形成の1要素にもなると思うんです。

例えるなら、フルマラソンを走り切った後の消耗とか達成感とか込み上げてくるものというか。

対して「えんとつ町のプペル」は、100m走とか障害物リレーをやった後のような感覚で、「楽しかった」「よかった」という感想はあるけど残らないように感じました。

 

ちなみに一緒に観た人の観終わった直後の感想も同じ感じで、「ドラえもんの方が全然感動する」って言っていました^^;

 

えんとつ町のプペルに対して岡田斗司夫さんが YouTube で「感動ポルノ」と言っていましたが、確かに・・・という感じで、鋭い考察だなと思いました。

 

 

ちなみにここまでどちらかというと酷評を書いていますが、僕は「アンチ西野」でもなんでもありません^^;

むしろどちらかと言えば尊敬をしている側の人間で、なんなら西野さんのオンラインサロンにも入会しています(あまり見ていませんが…)

 

だから今回えんとつ町のプペルを見るに至った経緯としても

  1. 西野さんのオンライン講演会を受講した
  2. そのお礼でプペルのムビチケをもらえた

という背景があります。

 

ですので、えんとつ町のプペルや西野さんに対してネガティブな印象は持っておらず、むしろ伸び代がまだまだおありで羨ましいし、さらに期待しちゃうなーと、何様目線でウォッチさせていただいてます(笑)

 

僕なんかより何倍も才能があって、さらに何百倍も努力を重ねている方に対してこのようなこと書いてしまいすみません…!!!

ここに書いたことは僕の正直な感想ですが、単に僕の人生経験の薄さや読解力や理解力、想像力や感性の乏しさが全ての原因である可能性も当然あります。

 

映画は人それぞれ十人十色の感じ方があるものだと思うので、えんとつ町のプペルに対してマイナスのイメージを持たないで欲しいという身勝手な言葉を持って、筆を置かせていただきます。

 

西野さん、これからも陰ながら応援していますー!!

 

 

あなたが一番好きな食べ物を食べるダイエット

※僕なりの「ダイエット攻略Tips」をお届けします

 

https://twitter.com/taizo_bm/status/1359914316560965633

 

clubhouse でこんなご相談をいただきました。

「現在パーソナルジムに通っているのですが、卒業後リバウンドしないか不安です」

 

その方の Instagram を見たら、ラーメンやピザなどの写真がずらり。

 

『結構いろんなものを食べながらダイエットされているんですね〜^^』と聞いたら

「いえ、こういったものはもうずいぶん食べていません。。。食べたいなー」とのことでした。

 

・・・これ、どう思いますか?

「そりゃそうだよね」

「もうちょっと頑張れ!」

「痩せたいなら我慢しろ!」

って思います??

 

僕は全くそう思いません。

むしろ、その方が感じているように「ジムが終わったらどうなってしまうんだろう」と不安を感じてしまいました。

 

僕の発信(ブログや LINE や SNS)を見てくださっている方はご存知と思いますが、僕はこんな感じで好きに食べながらボディメイクしています。

 

「食べたいもの食べれない人生はつまらない」

「食事を100%我慢して痩せても幸せじゃない」

「野菜とパサパサしたエサみたいな肉は食べたくない」

と思っているので、昔からずーっと「食べながら痩せるには?」を研究してきて、今に至ります。

 

だから Bodyke のお客様にも

「もっと色々食べましょう!」

「糖質少ないと痩せないですよ!」

「ラーメン?ケーキ?全然 OK ですよ♪」

とよく話しています。

 

・・・という話を clubhouse でもしたら

「えーーーー・・・信じられない💦」という反応でした。

確かに

  • ご飯
  • 鶏肉
  • 野菜

となると、体にとっては良い栄養補給と言えるかもしれません。

(その方はご飯も制限しているようでしたが…)

 

しかし、我慢ばかりのダイエットでは当然この方のように

「もうこんなの食べたくない!」
「好きなもの食べたい!」
「毎日が辛い!」

とストレスが溜まってしまいます。

 

・・・そう、これは体の栄養補給ばかりに目がいってしまい、心の栄養補給ができていない状態なんです。

体と心は密接につながっているので、いくら良しとされている食事をとっていてもバランスが崩れてしまっては、やがて爆発して過食してしまいます。

 

きっとあなたも経験あると思います。

精神衛生上良くありませんね。。。

 

だから、「結婚式までフルアクセルで頑張って、最高のカラダでウェディングドレスを着る」のような場合を除き、ダイエットでは100%の全力疾走してはいけないんです。

 

言い換えると

  • 1日だけいいカラダになりたいのか?
  • いいカラダを作ってずっとキープしたいのか?

という違いです。

 

こうやって見ると、きっと殆どの人が後者が目的じゃないですか?

そのはずなのに、言われるがまま前者のダイエットをしてしまい、そしてリバウンドをしてしまう。。。

このやり方、僕は間違ってると思います。

 

理想のカラダになることは大事なことですが

  • 食事を楽しむこと
  • 大好きな人との時間を一緒に楽しむこと

も、同じくらい(もしかしたらそれ以上に)大事なことです。

 

だから心と体のバランスはもちろん、ダイエットと食事を楽しむことのバランスも取らないといけません。

・・・なので、「あなたが一番好きな食べ物を食べながらダイエットしてください」と言いたい。
(※1品限定というわけじゃありませんよ^^;)

 

ダイエット成功の最大の秘訣は「続けること」

そして、ダイエット失敗の最大の原因は「ストレス」

 

フルマラソンを最初から全力疾走する人がいないのと同じです。

一時的なダイエット成功ではなく、この先の人生ずーっと引き締まったカラダでいたいなら、「最初から続けられる方法」で行ってくださいね。

 

 

スクワットの効果を上げる6つのポイント

※僕なりの「筋トレ攻略Tips」をお届けします

 

家トレと言えばスクワット・・・ですよね??^^;

 

しかし、そのスクワットを正しく行えている人って、実は結構少ないんです。効果がないだけならまだいいのですが、逆効果になってしまうこともあるんです。

 

例えば

  • 大腿四頭筋(太ももの前)ばかり使って脚が太くなる
  • 関節がねじれて痛めたり、変な筋肉のつき方になる
  • 股関節をうまく使えず、やればやるほど腰が痛くなる

・・・という感じ。

 

しかしこれをテキストで伝えるのは難しいんですよね。。。

 

〈スクワットのポイント〉

  • 足は肩幅
  • お尻を引いて膝を曲げる
  • 膝はつま先と同じ向きに曲げる
  • 太ももが床と平行になるまでお尻を落とす
  • 足と足の間にお尻を落とすイメージ
  • ゆっくり深く大きく動かす

 

よくある間違いとしては、

  • しゃがむ深さが浅い
  • 膝がうちに入る
  • かかと重心すぎる
  • 腕の変な反動を使っている
  • 足幅を開きすぎている
  • 腰が丸まっている
  • 股関節を使えずバランスが取れない

という感じです。

 

ね。テキストだと難しいでしょ^^;

・・・ということで迷ったのですが、動画をアップします!

 

 

(ほぼほぼ OK だと思いますが、個人的にミニマム改善したい点が…^^;)

↑でもこのコメントでわかる通り、だからパーソナルトレーニングって価値があるんですよね。

 

正しくやってるつもりでも自分では客観視できず、間違ったフォームでトレーニングしてしまっていることが多々あります。そうなると前述の通り理想とは真逆の結果に繋がってしまんですよね。

それを客観的な視点から改善してくれるのがパーソナルトレーニングです♪

 

・・・・話を戻します。

どうでしょう?今の時代体を動かす機会が減ってしまい、自宅でスクワットをされている方は少なくないと思うのですが、このようなフォームでできていますか??

 

 

よかったらコチラの動画も参考にしてみてください。

スクワットに限らずですが、トレーニングって奥が深いんですよねー。

 

いくつもポイントがあるので全部意識するのが難しい場合、「腰を丸めず、太ももが床と平行になるくらいまで、足と足の間にお尻を落とす」ということを意識してやってみてください。

 

また、スクワットだけではなく自宅でのトレーニングの質を爆上げしたいという方は、コチラの記事を参考にしてみてください。

 

家でできる筋トレプログラム(初級〜上級)&おすすめ筋トレグッズ
【保存版】家でできる筋トレのプログラムについて動画を交えながら詳しく解説しているパーソナルジム代表トレーナーの記事です。 また、家で筋トレをする際にあると何倍も効果を高めることができるオススメ筋トレグッズもご紹介!

 

 

「時間がないから本が読めない」 のではなく 「本を読まないから時間がない」

学びを「人生攻略Tips」としてアウトプットします

 

 

ある方と普通に話をしていて出てきた言葉。

いや〜、ほんとこの通りですよね。

 

今でこそ少しずつ本を読むようになってきている僕ですが、小さい頃からもっと本を読んでおけばよかったと痛感しています。

 

仮に「本を読んでない分、他所で経験を得たり情報を得てきた」と感じたとしても、本に詰め込まれている情報量には到底及びません。

もちろん本から得ることのできない立体的な経験は、間違いなく外界に多く転がっていますが、そこにどれほどの価値があるでしょう?少なくとも「僕」という人生を振り返ったとき、時間対効果で考えると本に勝る経験はほとんどしてないなーと心から感じます^^;

 

例えば本の価値を「今の僕」で例えると、「ダイエット」が出てくるかなと思います。

 

  • 食べることが大好きで、過去最高体重が120kg以上
  • 何度も何度もダイエットに挑戦をしてきて、失敗を繰り返してきた
  • 超肥満児から独学で50kg以上のダイエットに成功することができた
  • ダイエット成功後、糖質制限は一切せず、炭水化物を食べながら10年以上リバウンドをせずに体型をキープしている
  • 2012年に日本で初めて開催されたベストボディジャパンという大会で総合優勝した体型を作った(スーパー減量)
  • パーソナルトレーニングジム Bodyke で代表トレーナーを務め、数多くのお客様を見させていただき、ダイエットのデータが頭の中にある

 

このように、「成功」だけではなく「失敗」の知識もあり、また「僕一人」という数ではなく、「数百人」という人間のデータがある。そして「一般的なダイエット」だけではなく「コンテストで優勝するほどのスーパー減量」のノウハウもあります。

 

例えばこれを1冊の本にまとめたら、どれくらいの価値があると思いますか?感じる価値はもちろん個人差があるので、10円という人もいれば、もしかしたら1万〜数十万という人もいるかもしれません(例えば、数十〜百万以上かかる RIZAP と、仮に同じ効果(結果)を得られるとしたら・・・・とか)

 

このように、濃度は違えど誰かの人生の「価値ある知識」を詰め込んで生み出されたのが「本」ですよね。と考えると、2〜3時間本を読むのと2〜3時間ゲームをするのとでは、価値の優劣は明白です。

 

 

しかも、時間は有限であるわけで、偉大な人と直接話をしようもんなら、人によっては1時間数百万〜億という金額が動くこともあります。しかし本なら・・・ですよね。(今朝「世界的に有名なマーケターを日本に呼んで、数千人規模のセミナーを開催したら、最終で4億かかった」という話を clubhouse で聞きました)

※ clubhouse の価値や可能性は無限大だと感じるのも、↑の人と無縁の僕でもこういった裏話が聴けるからです

 

・・・となると、宝くじより簡単に人生を変える方法として、「本」は間違いなくあるなーと思いませんか?(ちなみに僕は「筋トレ」も該当すると思ってます)

 

「お金がないから欲しいものがない」 のではなく 「欲しいものがあるからお金を稼ぐ」

「時間がないから本が読めない」 のではなく 「本を読まないから時間がない」

 

この言葉は僕と同い年だけど、心から尊敬している経営者の方から出てきました。そしてこの方がよく言うのは「本屋に行って、いつも自分が読む本が置いてある棚の、3m先の本を買う」です。

 

自分の幅や深さ、そして価値の高め方は本を読むこと。それも、自分の得意・専門分野だけだと視野が狭まってしまうので、自分とは全く関係のない分野の本を読むこと。これがかなり重要なんですよね。

 

いやぁ・・・・本、書いてて読みたくなっちゃったなぁ(笑)

あなたは最近本を読んでいますか?人生観が変わるほどの衝撃を受けた、オススメの本はありますか?そんな本があれば、ぜひコメントで教えてください^^

 

ちなみに僕が読んだ中でよかった本はこちらで紹介しています。

やりたいことが見つからない【自分を見つける方法とオススメ本12選】
ずっとやりたいことが見つからない時間を生きてきましたが、自分だけではなく家族や同級生も驚くくらい人生が変わりました。 見つけられなかった原因や、見つけたキッカケやターニングポイントなどを書きました。

 

 

「Q&A」

みなさんからお寄せいただいた質問にお答えするQ&Aコーナーです。

 

★【ルール】を必ずお守りください。ルール違反の質問にはお答えできません。

 

【ルール】

◆質問は、以下に記載の質問投稿フォームより送ってください

◆質問は400文字以内で簡潔にお願いします

◆いただいたご質問は、ブログ・その他SNS・メルマガなどに掲載される可能性があります

 

★質問投稿フォーム★

https://forms.gle/n3QZTVHFqwEP7BGk6

 

【Q】青木さんは週にどれくらいのペースでトレーニングされてますか??時間等も教えていただけると嬉しいです!

A.先月中旬から忙しくて頻度かなり落ちてて、最近は週2くらいかな。。。デフォルトとしては週4〜5くらいでやっています!

時間は「開始時間」か「トレーニング時間」かわからなかったので、どちらも回答します!

開始時間は全く決まっていなくて、その日の仕事のバランスを見ながら合間にやっている感じです。最近は夕方が多いかなーという印象です。

トレーニング時間は、30分くらいですが、仕事をしながらだったり本を読みながらだったりで、だらだら60分くらいになる事もあります。

(もうボディメイクはしてないので、「ベンチプレスだけ」「スクワットだけ」という雑な感じですね^^;)

 

※不定期更新のトレーニング動画専用 Instagram はこちらです

https://www.instagram.com/taizo_fitness/

 

【Q】家でできる運動が知りたいです!

A.ありがとうございます!実は今 YouTube でどんどん作っていこうと思っていて、動画製作チームを作ったところです!

色々配信していきますので、よかったらご覧いただけると嬉しいのと、ご要望などあればお気軽に教えていただけるとさらに嬉しいです!!

▼青木泰蔵 YouTube

青木泰蔵【体が変われば人生が変わる】
青木泰蔵(あおきたいぞう) 1985年生まれ、東京都出身 パーソナルジム Bodyke 代表トレーナー 体重120kg以上から独学でマイナス50kgのダイエットに成功後、孫悟空やスーパーマンのような体に憧れ、ボディメイクに目覚める。 2012年に日本で初めて開催された日本最大級のカッコイイ体を競うベストボディに出場...

 

【Q】運動を続けるためにはどうしたらいいですか?

A.これは人それぞれ答えがあると思いますが、毎日とか1日置きなど、高頻度でやるのもありだと思います!

 

https://twitter.com/taizo_bm/status/1202346150423977984

 

 

【Q】ラーメンから抜け出す方法を教えてくださいw

A.こういう質問大好きです(笑)僕の回答は、「抜け出さなくていい」です!

 

【らーめんは太らない!!】その理由と4つの食べ方をご紹介
感覚的に「太りませんよ!」ということだけではなく、「具体的になぜそう言えるのか?」ということをお話しています。ラーメンが好きな方。食事制限を頑張っている方。食べて痩せたい方。是非見てみてください^^「食べて痩せる方法」に触れることができますよ♪

 

「編集後記」

さて、冒頭にも書いたように忙殺  WEEK が終了したので、今週から少し余裕が生まれるはず。

Q&A にも書きましたが、YouTube で新しい動画を出していこうと思ってるので、その撮影もいよいよ着手できそうでワクワクしています^^

 

また、今週は受講するセミナーがあり、新しい学びを得られそうでこちらも楽しみです。

良質なインプットとするために何かしらの形でアウトプットをしようと思っているので、引き続きウォッチしていていただけると嬉しいです!

 

そして完全に個人的な話ですが、満を持していよいよ髪を切ります!!(笑)

まったく時間が取れず、切りたくても切れずに前髪を食べれるほど若干のロン毛になってしまった僕ですが、やっとこ美容院へ GO してきます!

 

ガッツリ切ろうかパーマでもかけようか定まっていませんが、ちょっと遊んでみようかと企んでます(笑)

 

例によってあっという間の一週間なんだろうな〜。

無駄にならないよう今週も成長を楽しんで生きていきましょうね!!

 

今週も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

⬇「たいぞーブログ」の更新を受け取る。

スポンサーリンク
泰蔵マガジン
▼この記事を今すぐ SNS でシェアする▼
たいぞうをフォローする
たいぞうブログ